03-5429-1020
営業時間
9:00~17:00
休業日
土・日・祝
お問い合わせ

法人向けサービス BtoB service

法人向けサービスについて

当社では企業様を対象に、法人向けサービスをご用意しております。ご相談内容やご要望から、企業様のリスクや優先事項を明らかにし、最適な生命保険・損害保険のご案内が可能です。保険会社と企業様をつなぐパイプ役として、当社の経験豊富なスタッフがサポートしてまいります。
また、保険や保険以外のことであっても、お困りごとに対する「お役立ち」を大切にしておりますので、ぜひ当社にご相談ください。

保険の相談、見積もり、加入手続き

法人保険の加入は、経営者や従業員を守るために必要不可欠です。当社では万全の体制を整え、法人保険に関するご相談、見積もりや加入手続きなどをサポートしております。
複数の保険会社との取引実績があるため、ご相談内容やご要望に添える保険の有無を徹底的に調査できます。そのうえで複数の見積もりを取り寄せ、保険商品の比較が可能です。

当社はこれからも、ベンチャー企業や中小企業などの経営規模を問わず、企業様の現状に合わせた保険の活用を積極的にサポートしてまいります。「加入中の保険がよくわからない」「複数の保険商品を比較したい」「他では対応が難しいと言われてしまった」などのお悩みは、当社にご相談ください。

リスクマネジメント

企業が抱えるリスクは、規模や業種によってもさまざまです。しかし、対策が不十分であると多大な損害が生じる可能性があります。企業や従業員、取引先やお客様の利益を守るには、徹底したリスクマネジメントが欠かせません。
特に最近多いご相談内容は、サイバーリスクによるトラブルです。保険に未加入の状態で、サイバー攻撃による個人情報の流出が発生してしまった場合。サイバー攻撃の調査やシステムの復旧、損害賠償の支払いなど、非常に多くの費用がかかります。そのような事態に備えて保険に加入しておくと、必要な費用の補填が可能です。

当社では、資産・利益・社会的賠償・人的要因・自然災害など、お客様の業種で考えられるリスクを分析し、対策できる保険のご案内を心がけております。発生する可能性があるリスクや影響を把握し、対策によるリスクの回避と損失の最小化をめざしましょう。

事業継承

経営者の高齢化や急逝など、さまざまな要因によって急な事業承継が必要になるケースがあります。しかし、「自社株式の評価額が高い」「納税額が大きくなってしまった」など、突然の事業承継により、運転資金の不足や事業が低迷する恐れもあります。
企業の存続および経営の安定をめざすには、生命保険を活用した備えが必要です。当社でしたら、事業承継の専門チームを備えている保険会社のご案内も可能です。

保険会社や当社のサポートにより、自社株における株価の時価評価を明らかにし、事業承継に必要な相続税や贈与税などのコストを事前に把握するようにしましょう。
そのうえで、今から保険を積み立てることが運転資金の確保や節税対策になり、円滑な事業承継の実現へとつながっていくのです。

福利厚生

福利厚生における法人保険は加入が任意です。加入しておくと、社会保険による法定福利厚生に比べて、従業員をさらに手厚く保護できるようになります。例えば、業務中の災害(労災)が発生した際、社会保険の保障に加えて、法人保険からお見舞金の給付も可能です。

近年では福利厚生の充実さも、求職者が入社を希望するポイントの一つになっています。そこで、法人保険を通じて福利厚生の手厚さをアピールしましょう。求職者の増加や安定した雇用確保、入社後の定着率アップなど、さまざまな効果が期待できます。
また、規模が大きくなればなるほど、企業と従業員の間にさまざまなリスクが生じやすくなります。事前に福利厚生を整備し、従業員が安心して働ける環境づくりを一緒に作り上げていきましょう。

法人向け保険

個人商店から中小大企業まで、さまざまな規模、業種の法人さまに対応。起こりうるリスクを計算し、御社に合った保険を提案します。

  • 自動車保険

    営業用の社有車や役員車など、会社名義のお車の保険です。10台以上お持ちの企業さま向けのフリート契約も扱っております。

  • 火災保険

    店舗、社屋、工場、社員寮など、さまざまな会社所有物件や家財を守ります。従業員さまのご自宅用保険もご相談ください。

  • 賠償責任保険

    製造・販売した製品や業務の結果が原因による事故を補償します。また、パワハラ、セクハラ、マタハラなどに備えた雇用慣行賠償責任保険もあります。

  • 企業費用・利益総合保険

    自然災害や火災などの事故で店舗や工場が損害を受け、営業休止などになった際の利益損失をカバーできる保険です。

  • 労災総合保険

    労災事故が起こった場合、政府から労災保険金を受け取ることができますが、それだけでは足りない部分を上乗せしてお支払する保険です。

  • 生命保険

    個別に入るよりお得な団体加入のほか、経営者さまの万一に備える保険もございます。福利厚生などの用途に活用することもできます。

トピックス Topics

    まだ投稿がありません

ページトップへ